奥多摩の自然と調和した合掌登り梁のある家

奥多摩町丹三郎の
【奥多摩の自然と調和した合掌登り梁のある家】

見どころは、「合掌登り梁」と「掘りごたつ」。

登り梁が合掌に木組みされている家は、屋根に大きな荷重のかかる
地方(雪の多い地方)に多いそうです。
奥多摩も場所によっては1m以上の積雪があるので、
安心して冬を過ごす事ができます。

軒の出も深いので、夏の強い日差しを遮り、
雨風から外壁を守ってくれるので、家が傷みにくいのです。

登り梁は、ロフトや2Fの部屋から見る事ができ、開放感のある空間を作り出しています。
 
そして、「掘りごたつ」

床板(下記写真の左側)をはめて、普通のダイニングテーブルとしても使えます!!

リビング横のキッチン。
パントリーもあり、広々としていて、カップボードも全て成康オリジナル。

 
一枚板のカウンターテーブルもオシャレでかっこいい。
 
2階にある和室。
押し入れの奥にウォークインクローゼットもある
珍しい部屋になっています。

 
2階からロフトへの階段。
 
ロフトも収納たっぷり。
登り梁も見えて、広々とした空間になっています。

 
お風呂と脱衣スペース
 
2階の階段横の洗面スペースとトイレ。
 
  
全て国産無垢材、漆喰などの自然素材を使用した住宅で、
家具も全て国産無垢材での成康オリジナルとのご要望でした。

何度も打ち合わせを重ね、お客様と一緒に造り上げた住宅。
私たち成康の職人もお客様にも満足いただける家になりました。